島根県庁
島根県庁

 新型コロナウイルスの感染拡大の第5波が猛威を振るっており、鳥取県と鳥取市は30日、県内の一日の感染者数としては最多の計47人が感染したと発表した。島根県と松江市も計14人の感染を発表し、このうち12人は出雲市内のカラオケができる飲食店の従業員と利用者で、県は県内15例目のクラスター(感染者集団)と認定した。山陰両県の感染者数は計61人に上った。

 鳥取県の内訳は鳥取市保健所管内25人、倉吉保健所管内12人、米子保健所管内10人。感染者のうち25人は、これまでにクラスター認定されたライブハウスなど2店舗の客、従業員、出演者だった。

 8月3日まで米子市の飲食店の一部に要請中の営業時間短縮について、鳥取県の平井伸治知事は飲食店からの感染は減ったとの認識を示しつつも「(延長するかどうかは)もうしばらく考えたい」と述べた。

 島根県の内訳は出雲市12人、松江市1人、雲南市1人。クラスターが発生した飲食店は、これまでに判明した感染者2人も出入りしていた。県は利用客が把握できているとして店名を公表しない。28日に営業休止した。

 累計感染者数は島根県が713人、鳥取県が758人。
       (取材班)