女子フェザー級準決勝 2回、英国選手(右)を攻める入江聖奈=両国国技館
女子フェザー級準決勝 2回、英国選手(右)を攻める入江聖奈=両国国技館
女子フェザー級準決勝で英国選手(左)を破り、決勝進出を決め跳び上がって喜ぶ入江聖奈。銀メダル以上が確定した=両国国技館
女子フェザー級準決勝で英国選手(左)を破り、決勝進出を決め跳び上がって喜ぶ入江聖奈。銀メダル以上が確定した=両国国技館
女子フェザー級準決勝 2回、英国選手(右)を攻める入江聖奈=両国国技館 女子フェザー級準決勝で英国選手(左)を破り、決勝進出を決め跳び上がって喜ぶ入江聖奈。銀メダル以上が確定した=両国国技館

 女子フェザー級準決勝で、入江聖奈(日体大)が、アーティングストール(英国)に3―2で判定勝ちし、銀メダル以上が確定した。8月3日の決勝で2019年世界選手権覇者のペテシオ(フィリピン)と対戦する。

 男子フライ級2回戦では田中亮明(岐阜・中京高教)が16年リオデジャネイロ五輪銅メダルの胡建関(中国)に3―1で判定勝ちし、準々決勝に進んだ。3位決定戦がないため、次戦に勝てばメダルが確定する。

 

一問一答「ここまで来たら金」

 ボクシング女子フェザー級で銀メダル以上を確定させた入江は決勝へ闘志を燃やした。

 ―判定を待っている間は。

 「期待して負けたらすごく悲しいので、負けただろうなと思って待っていた。(アナウンスに)呼ばれてうれしかった」

 ―3ラウンド目に意識したことは。

 「負けたら一生後悔するだろうなと思って、気持ちで頑張った」

 ―決勝に行ける。

 「金メダルを公言していたが、取れる自信はあまりなかった。でも(決勝に)行けるので、ここまで来たら金メダルを取りたい」

 ―金を取らないと意味がないと思っている。

 「プレッシャーをかける意味ではないが、並木さんと一緒に取りたい。2人で歴史の扉を開けたいし、女子全員で目指したい」

 ―決勝への抱負は。

 「相手のパンチはとても強いので、もらわないようにしたい。だが、後手後手になるのではなく『倒してやるぞ』くらいの強い気持ちで、右ストレートを打ち込んでいきたい」

 

■ひるまず的確にカウンター

 夢にまで見た「女王」の座に王手をかけた。入江聖奈が2019年の世界選手権3位の強打にひるむことなく、的確にカウンターを狙い審判員の支持を獲得。僅差での勝利が決まると、リング上で両手を挙げて飛び跳ね、喜びを爆発させた。

 1回は軽快なステップで攻撃をかわしながらワンツーをヒットさせて5|0でリード。2回は相手の左ストレートに苦しみ1|4とリードを許し、3回は「ここで負けたら自分、一生後悔するな」と強い気持ちで臨んだ。

 2回のような一方的なリードを許せば、判定負けする可能性もあったが、審判員にアピールしようとカウンターを打ち続けたことが功を奏し、2|3でしのいだ。

 「柔道に比べて知られていないので、有名にしたい」という女子ボクシングは、入江の活躍で注目度が高まり、試合後に詰めかけた取材陣は1回戦の4~5人から倍以上に増えた。

 次は泣いても笑っても東京五輪最後の試合。「倒してやるという強い気持ちで右ストレートを打ち込んでやる」。20歳のファイターは自らのパンチで女子ボクシングの未来を切り開くつもりだ。

       (藤原康平)