年金減額は生存権や財産権を保障した憲法に反するとして、鳥取県内の受給者42人が国に2013年以降の減額分の支払いを求めた訴訟の判決が26日、鳥取地裁であり、大野祐輔裁判長は訴えを棄却した。 ...