新型コロナウイルス禍の米価下落が山陰両県の農家を直撃している。コメ依存度が高い中山間地域の基盤を揺るがす事態だ。各党の選挙公約には、過剰在庫の緩和や所得下支えなどの政策が並ぶ。農家が選挙戦に向ける目はいつになく厳しい。
      (奥原祥平)

 農林水産省が14日発表した、9月のコメ出荷業者と卸売業者の相対取引価格は玄米60キロ当たりの全銘柄平均が1万3255円となり、前年同月比で12%下落した。値下がりは2年連続で、そもそものコメ離れに加え、コロナ禍での外食需要減少が響いた。

 島根県産米をみると、コシヒカリ1万3414円、きぬむすめ1万2898円で、ともに10%安。つや姫は11%安の1万3504円となった。コシヒカリの「西の横綱」と称される奥出雲町の地域銘柄「仁多米」もコメ余りと無縁でいられない。

 ▽昨年の4割減
 町内最大規模の66ヘクタールでコシヒカリを作付けし、仁多米ブランドで直接販売する農業法人コスモ21(奥出雲町下横田)は、10年来の付き合いがある関西の大手卸業者から打診された取引数量が昨年の4割減だった。主要取引先だけに、藤原康正社長(50)はがくぜんとした。

 追い打ちをかけるように...