アイラインの引き方を解説する都田佳代子さん=松江市殿町、山陰中央ビル
アイラインの引き方を解説する都田佳代子さん=松江市殿町、山陰中央ビル
黒目の外側から目尻に向かって水平にアイライナーをひく
黒目の外側から目尻に向かって水平にアイライナーをひく
目を閉じたときに平行四辺形に見えるようにアイライナーをひく
目を閉じたときに平行四辺形に見えるようにアイライナーをひく
アイラインの引き方を解説する都田佳代子さん=松江市殿町、山陰中央ビル 黒目の外側から目尻に向かって水平にアイライナーをひく 目を閉じたときに平行四辺形に見えるようにアイライナーをひく

 長引く新型コロナウイルス禍、マスクを着用しているからこそ目元の化粧で変化を楽しみたい。2022年春夏のトレンドである「意志のある強い女性」を表現する化粧を資生堂ジャパンの都田佳代子さん(38)に聞いた。 (坂上晴香)

 

 まず、ファンデーションは薄く仕上げ、フェースパウダーを塗布してツヤを出す。芯の強さを演出するのは、目元のメークだ。

 黒のアイライナーでまつげの際を埋め、目尻は地面と水平に長めに引き、目を閉じたときに平行四辺形の形に見えるように整える。

 ここでラインを太く引きすぎると、二重の幅をつぶす恐れがあるので気を付ける。

 アイシャドーは暗めの色で、まつげの際に引いたアイラインをぼかすようにチップで塗る。

 まぶた全体には「透け感」を演出するため、ラメが入った明るめのカラーをのせる。指でポンポンとのせていくのがポイントだ。

 都田さんは「メークは楽しい気持ちになり、自分らしさを表現できる。前向きな新しいチャレンジを応援したい」と話す。