最近聞いたある地域金融機関の話。コロナ禍が長期化する中、取引先企業の経営改善支援の仕事に関わった経験のある支店長たちが実績を上げているという。経営改善支援は顧客本位の姿勢があってのものだ。

 実績といってもプロダクトアウトの金融商品サービスの「販売ありき」によるものではない。取引先企業としっかり向き合うことで多様性のある金融取引が「おのずとついてきたこと」によるものだ。融資をすることが資金繰り支援という金融関係者は多いが、これは金融機関の目線だ。事業者がお金の心配をすることなく事業に専念できる環境を整備することこそが、「顧客目線の真の資金繰り支援」である。

 「真の資金繰り支援」で顧客との間で信頼関係が構築され、...