細長い体と独特のひれが特徴のリュウグウノツカイ。切り離した胴体をつなげて撮影(隠岐ジオパーク推進機構・立花寛奈さん提供)
細長い体と独特のひれが特徴のリュウグウノツカイ。切り離した胴体をつなげて撮影(隠岐ジオパーク推進機構・立花寛奈さん提供)

 島根県隠岐の島町の近海に仕掛けられた定置網に、深海魚のリュウグウノツカイがかかった。自ら体を切り離す自切(じせつ)をしたが、長いひれは完全に残っていた。専門家は「ここまで鮮度の良い状態は珍しい」と話している。

【写真特集】隠岐でリュウグウノツカイ 真っ二つにした跡も

 体長170センチで胴体は銀色に光り、鮮度が良い状態を示す黒い斑点があった。いずれも赤い背びれと胸びれ、尾びれが残っていた。

 12日午前、五箇地区の沖合にある定置網にかかったのを吉田水産(隠岐の島町北方)の漁師が発見。その時点では生きており、胴体を真っ二つに切り離したという。頭部、尾部とも水揚げに成功した。

 島根大隠岐臨海実験所(同町加茂)の吉田真明准教授(40)=進化生物学=によると、リュウグウノツカイは危険を感じると泳いで逃げやすくするため自切するという。

 同町では約3年前に油井地区の沖で定置網にかかったが状態が良くなかった。吉田准教授は、今回引き取った個体を「展示して島の宝にしたい」とし、剥製にできないか隠岐ジオパーク推進機構(同町中町)に相談している。
 (鎌田剛)

見逃せない!山陰の釣果情報