清水由紀子NIE担当から指導を受ける生徒=松江市鹿島町名分、鹿島中学校
清水由紀子NIE担当から指導を受ける生徒=松江市鹿島町名分、鹿島中学校
桑谷仁実さん(12)
桑谷仁実さん(12)
真鍋良希さん(12)
真鍋良希さん(12)
清水由紀子NIE担当から指導を受ける生徒=松江市鹿島町名分、鹿島中学校 桑谷仁実さん(12) 真鍋良希さん(12)

 1年生の2クラス48人が4日、新聞作りの基本を山陰中央新報社の清水由紀子NIE担当から学んだ。総合的な学習の時間を使って町について調べ、新聞にまとめる。

 生徒は最初にニュースを得る方法を尋ねられ、「新聞」の答えは一人もなく、ほとんどが「テレビ」だった。新聞になじみのない生徒たちは、当日の本紙から答えを探すゲームを通して新聞に親しんだ。

 記事にする話題の選び方、記事を書くときに必要な「いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのように・どうした」の「5W1H」を学び、取材方法や見出しをつけるこつも教わった。

 真鍋良希さん(12) 記事の書き方を詳しく教わったので新聞作りに生かしたい。

 桑谷仁実さん(12) 小学生の時も新聞は作ったが、レイアウトや見出しの付け方は初めて知れたのでよかった。