1950年代、日本映画全盛期に数多くの映画衣装を手掛けた森英恵は、1960年代半ばからアメリカに活動の場を広げた。「メードインジャパン」が粗悪品の代名詞であった当時、日本製の厳選した素材を用い...