JR西日本が芸備線の在り方を岡山、広島両県の沿線自治体と協議する意向を示したことを受け、島根県の丸山達也知事が10日、接続する木次線に影響が及ぶ恐れがあるとし、広島県と連携した対応をとる考えを示した。

 同日の全国知事会でJR西の動きに対し「性急な路線の見直しがないよう求めないといけない」と強調。事業者の判断で路線を廃止できる現行の鉄道事業法の改正をあらためて訴えた。

 知事会後の取材に木次線を走るトロッコ列車「奥出雲おろち号」の運行終了計画が示された中、芸備線が廃線となれば木次線の乗降客数に影響が及ぶと指摘。

 同線の南端が備後落合駅(広島県庄原市)となっていることを踏まえ「しっかり連携して取り組んでいかないといけない」と広島県と協調した対応を進めるとした。(原田准吏)