細田博之衆院議長(79)=島根1区、11期=が13日、東京都内で記者会見し、初めて公開の場で議長辞任の理由や世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関係などを説明した。議長辞任や次期衆院選立候補への思いを淡々と述べる一方、自身の疑惑に話題が及ぶと語気を強め、感情を表に出した。地元の支援者は28日に地元で開く会合での丁寧な説明を求めた。(白築昂、原田准吏、佐々木一全)

 詳報】細田議長会見 一問一答 旧統一教会との関係「特別でない」

 「途中で議長を辞任するのは誠に残念。申し訳ないと思っている」

 13日午後2時、東京・永田町の衆院議長公邸での会見に臨んだ細田氏は冒頭、...