自民・信頼と共感の政治を

 斉木正一県連幹事長 自公政権が引き続き、かじ取りを任された。コロナとの共生やコロナ収束後を見据えた社会経済活動の再開への対応、真の地方創生、参院選の合区解消を必ず成し遂げる。何よりも国民、有権者から信頼と共感が得られる政治を進めていく。

 

立民・与野党の拮抗が必要

 浜田妙子県連代表 野党の数を増やすことが、自公政権のゆがみを是正すると判断し、戦った。現存する課題の解決には、国会内での与野党の拮抗(きっこう)が必要であることは明白である。選挙戦で地域密着の候補の必要性をどれだけ伝えられたかは、私たちの検討課題だ。

 

公明・日本再生進めていく

 銀杏泰利県本部代表 比例中国の現有2議席を確保し、広島3区の候補と推薦した鳥取1、2区の自民候補も当選した。新型コロナの感染拡大を抑えたことや経済、雇用対策が評価されたと考える。信託に応えるべく、コロナ禍の克服と日本再生を進めていく。

 

共産・捲土重来で必ず勝利

 岩永尚之県委員長 自民党が議席を減らし、党幹部や元閣僚が落選するなど、野党共闘の効果を実感している。共感と支持が広がったところもあり、今後に生きると確信する。比例中国は議席奪還を果たせず残念であり、次は捲土(けんど)重来で、必ず勝利する決意だ。

 

社民・県民が一定程度評価

 松本熙県連代表 結果は目標に及ばなかったが、格差拡大の阻止やジェンダー平等の実現、脱原発、憲法9条の死守を訴え、やはり社民党が必要だと、県民から一定程度評価された。立憲民主党との共闘も社民党にとって支持拡大につながったと考える。