リニューアルした「くらしまねっと」のトップページ
リニューアルした「くらしまねっと」のトップページ

 ふるさと島根定住財団(松江市朝日町)が、移住者向けの定住支援総合サイト「くらしまねっと」を大幅リニューアルした。新型コロナウイルス禍でインターネットによる情報収集の需要が高まる中、企業や市町村のオンライン面談を予約できるようにしたほか、動画でのPRやマッチング機能を充実させ、移住の呼び水にする狙い。

 2010年の開設以降、サイト閲覧数は右肩上がりの傾向で、20年度は前年度比約8万回増の約132万7千回に上る。ただ、支援メニューなど移住者がほしい情報にたどりつけないといった声も寄せられ、情報を整理するとともに機能を拡充した。

 充実させたのは「仕事」と「市町村」のページ。仕事は、動画によるオンライン会社見学で理解を深めてもらい、気になる企業とメールでやりとりした上で、オンライン面接の予約が可能に。求人情報の掲載が主だった内容から見直した。県内1661社が登録しており、さらに増える見通し。

 県内の全19市町村の情報も強化。戸別にオンライン相談の予約ができるほか、支援策が載るそれぞれの市町村ページに誘導できるようにした。自然環境や子育て環境など希望するイメージ画像を選ぶと、定住先としてお勧めの三つの市町村が表示されるマッチング診断もある。

 同財団UIターン推進課の島田朋子課長は「サイトで気軽にコミュニケーションを取り、移住のきっかけにしてほしい」と話した。

 URLは https://www.kurashimanet.jp/
  (原田准吏)