委員と意見交換する市防災安全部の間島尚志部長=出雲市今市町、出雲市役所
委員と意見交換する市防災安全部の間島尚志部長=出雲市今市町、出雲市役所

 出雲市原子力発電所環境安全対策協議会(安対協)が22日、市内であり、中国電力島根原発2号機(松江市鹿島町片句)の再稼働を巡り、将来的な脱原発の時期の明確化を求める意見が出たほか、事故時に想定される広域避難の準備不足を懸念する声が上がった。
 出雲市の安対協は2号機が原子力規制委員会の審査に合格してから2回目。市議や各種団体の代表者ら委員26人が出席し、丸山達也知事と出雲、安来、雲南3市長との会議、住民説明会の内容について説明を受けた。
 一部の委員は、原発の事故時のリスクを踏まえ「今は原発に頼らないといけないのは理解するが、いつまでも続けるものではない」と原発ゼロにする時期を明確にする必要性を指摘。伊藤功副市長は「国、県に話をしていきたい」と応じた。
 避難先に指定されている地域の委員は「受け入れ準備の具体性がなく、進んでいない」と訴え、市防災安全部の間島尚志部長は「現時点で動きがないのはおわびしたい。これからしっかりやっていく」と理解を求めた。
 市は地区ごとの避難先やルート、手順などを記載したパンフレットを全戸配布する検討を進めている。
 (松本直也)