道の駅かきのきむら(島根県吉賀町柿木)の指定管理者・(株)エポックかきのきむらの社長を務める。昨年12月の発売から人気を集める無農薬ブルーベリーを使用したクラフトビールなど、地元産品を生かした商品販売を通して有機農業で有名な町を盛り上げる。

 道の駅運営に専念する形で2021年に第三セクターから完全民営化した後、新商品開発に主導的に取り組む。

 「地元産ブルーベリーを使ったクラフトビール『YOSHIKACRAFT 柿木ブルーベリーエール』は発売から10日で完売し、...