2030年に島根県で開かれる国民スポーツ大会(現・国民体育大会)で活躍が期待される「島根アスリートキッズ」の小学生たちが、体験会で汗を流している。本格的に取り組む競技を決めるため競技ごとに行われ、26日は松江市でアーチェリーに親しんだ。

[こちらもオススメ]実は熱いスポーツ「アーチェリー」 元部員の記者がルールを解説

 アスリートキッズは県スポーツ協会などの競技力向上事業で、30年に高校3年生となる小学4年生58人が体力...