練習グリーン奥に「山陰ご縁むす美レディース」の大型看板を設置する関係者=鳥取県伯耆町丸山、大山平原ゴルフクラブ
練習グリーン奥に「山陰ご縁むす美レディース」の大型看板を設置する関係者=鳥取県伯耆町丸山、大山平原ゴルフクラブ

 8月に開催される女子プロゴルフのステップ・アップ・ツアー第16戦「山陰ご縁むす美レディース」(6513ヤード、パー72)の会場となる大山平原ゴルフクラブ(鳥取県伯耆町丸山)に11日、大会を知らせる大型看板が設置された。初夏でプレーを楽しむゴルファーに、山陰で2年ぶりに開かれる女子プロ大会をアピールする。

 日本女子プロゴルフ協会と共催する山陰中央新報社が、ゴルフ場の進入路、1番と10番ホールを背にする練習グリーン奥、クラブハウス玄関の3カ所に設けた。大会ロゴマークや「ご縁・感動・元気~山陰から世界へ」のキャッチフレーズを配し、白を基調にしたデザインが新緑のゴルフ場に映えている。

 大会は8月25~27日の3日間、108人(予定)が出場し、予選ラウンド2日間(36ホール)の上位50位タイまでが最終日の決勝ラウンド(18ホール)に進む。大会翌日の28日には、女子プロと協賛企業の関係者らが参加するプロアマ大会が予定される。

 一般ギャラリーの観戦については大会1カ月前をめどに可否が決まる。
      (藤井満弘)