東京五輪を翌年に控えた1963年8月、東京電力は自社初の原発建設に向けた「調査仮事務所」を福島県大熊町に設けた。建設予定地の地質や気象を調べるのが目的だった。仮事務所に選ばれたのは国鉄常磐線大...