プロ野球がいよいよ26日に開幕する。3年ぶりのV奪還を目指す佐々岡真司監督(53)=浜田市金城町出身=率いる広島東洋カープの投手陣を支えるのが、米子市出身の九里亜蓮投手(29)だ。今季、背番号が「12」から「11」へ変わり、気分も一新。開幕投手争いに名乗りを上げるなど、同期入団の大瀬良大地投手(29)、昨季の新人王・森下暢仁投手(23)と並ぶ先発3本柱の一角としての自覚も備わってきた。広島カープ応援新聞「Sanin(さんいん) Carp(カープ) Press(プレス)2021」第3弾は、山陰の鯉党の期待も大きい地元出身の右腕をピックアップする。...