一般会計総額が約106兆6千億円と過去最大となる2021年度予算案が衆院を通過、年度内の成立が確定した。社会保障費や防衛費の増加、新型コロナウイルス対策費が歳出膨張の要因だが、衆院の審議では、...