英国には「転石コケを生ぜず」ということわざがある。フラフラと人生を送っていても何も身に付かないという戒め。ところが米国に渡ると、こんな前向きな意味に変わった。「活発に動く人は時代に取り残されない」▼この「転石」をグループ名に冠したのが、1962年に結成されたロックバンド「ザ・ローリング・ストーンズ」。英国生まれながら、その精神は米国式だ。ここ数年はライブこそ開いていないが、コロナ禍でもオンラインで演奏を配信し新曲も発表。モンスターバンドは今も転がり続ける▼メンバー最年長のチャーリー・ワッツはこの6月で80歳の大台を迎えた。バンドの顔であるミック・ジャガーとキース・リチャーズは77歳。最年少ロン・ウッドでさえ74歳だ。それでも時折会員制交流サイト(SNS)に登場する姿は、全く年齢を感じさせない伊達(だて)男ぶり。そこら辺の〝ちょい悪親父(おやじ)〟は尻尾を巻いて逃げ出すだろう▼それにしても、このメンバーたちの健在ぶりは奇跡だ。若い頃、酒やドラッグに溺れていたのは有名な話。73年の初来日は、過去の大麻所持を理由に外務省が入国を拒否して幻となった▼そんな過去があるからこそ、今の元気な姿や円熟の演奏がまぶしい。「人生100年時代」のたとえにしたら、格好悪いからやめてくれと大目玉を食らうだろう。ならば米国式の「転石」を胸にイカした爺(じじい)を目指してみるか。(示)