三重大で地域連携の取り組みが成功した理由の一つに、キーパーソンである教授の西村訓弘が自由に動けたことがある。  ほとんどの教員は教育と研究、入試、評価など業務でがんじがらめ。学部教育の負担が...