【第20節・松江シティFCー東京武蔵野ユナイテッドFC】後半、松江シティFCのFW川中健太(右)がシュートを放つ=島根県立サッカー場
【第20節・松江シティFCー東京武蔵野ユナイテッドFC】後半、松江シティFCのFW川中健太(右)がシュートを放つ=島根県立サッカー場

 日本フットボールリーグ(JFL)第20節は29日、各地で5試合があった。松江シティFCは島根県立サッカー場で東京武蔵野ユナイテッドFCと対戦し、1ー0で競り勝った。勝ち点は27となり、順位を三つ上げて7位とした。

 松江シティFCは、後半37分にMF澤島輝が折り返したボールをFW川中健太が決め、先制点を挙げた。試合終了直前までセットプレーで攻め立てられたが、逃げ切った。

 次戦の第21節は9月4日、アウェーでラインメール青森と対戦する。 (小引久実)

 

 【評】堅い守りで相手の攻撃を封じた松江シティFCが、後半終盤にFW川中が挙げた得点で競り勝った。

 前半は、セットプレーで攻め込まれる場面が目立ったが、GK井上の好セーブやDF陣の体を張った守備で得点を許さなかった。

 後半はDFの裏のスペースにうまく回り込むことで、相手陣内でプレーする時間が増えた。37分にはMF澤島が頭で折り返したボールをゴール前に走り込んだFW川中が左足でゴールに蹴り込んだ。

 

 (29日・高知県立春野総合運動公園球技場ほか)

高知ユナ 00ー00 いわきF

イテッド  0―0  C   

(23)        (42) 

ヴェルス 21ー00 FC刈谷

パ大分   1―0  (9) 

(31)            

鈴鹿ポイ 30ー01 マルヤス

ントゲッ  3―1  岡崎  

ターズ        (25) 

(27)            

奈良ク  31ー33 ティアモ

(20)  2―0  枚方(32)