島根県隠岐の島町が、所属する竹島(韓国名・独島(トクト))に関連した土産品を開発した地元業者に、経費の2分の1(上限20万円)を補助する。竹島は韓国の実力支配で日本から直接訪問できない。それでも日本の領土として国民にしっかり認識してもらおうとの狙いがある。一方、韓国・鬱陵島(ウルルンド)からは観光遊覧船が出ており、「独島」をあしらったお土産店が並ぶ。活況ぶりは「人のふんどしで相撲を取る」ということわざを地で行くと言えなくないが、バリエーションは目を見張るばかりだ。

観光客でにぎわう道洞の目抜き通り=韓国・鬱陵島

 韓国・鬱陵郡の統計によると、鬱陵島には2020年に約17万6千人の観光客が訪れた。新型コロナウイルスの影響で、19年の約38万6千人から半減しているが、隠岐の島町の入り込み客延べ数の7万4156人と比べると倍以上。目玉は「独島観光」だ。

 韓国側は05年「独島」への民間人の渡航制限を緩和し、春から秋にかけ...