山陰両県に昔から多く伝わる「民話」。口承文芸研究家で、島根大名誉教授の酒井董美さん(86)によると、話の根本には庶民の哀歓、権力への反抗、地域の神様への信仰があるという。<上>では島根県の出雲地方の民話を紹介した。両県の他地域ではどんな話が伝わっているのだろうか。<下>では石見地方と鳥取県に伝わる民話を紹介する。
 (Sデジ編集部・吉野仁士)

 

 山陰両県には多数の民話が伝わり、全国でも5本の指に入るほどの多さという。酒井さんは「山陰のように雪が多い地域では冬に外出できない。冬場はいろりを囲みながら、高齢者が子どもに昔話をする風習が昔からあり、多くの民話が生まれ伝わったのではないか」と分析する。実際に山陰の民話は積雪の多い島根県奥出雲町に最も多く残り、全国の地域別の民話数は、豪雪地帯の東北地方がトップ。昔の子どもたちにとって、民話は重要な娯楽だったのだろう。山陰の民話については、「邑智郡誌」の編著や多数の民話集の発行で知られる江津市出身の歴史・民俗研究者、森脇太一氏(1906~77年)が掘り起こしに精力的だったことも挙げられる。

 

▼夕陽招いた長者の運命

 雨や雪といった天候は庶民の生活に密接に関わっている。庶民は自然に対して畏敬の念を抱き、自然にまつわる民話は多い。農民が恵みの雨を願う「雨乞い神事」は各地に残り、島根県吉賀町の大蛇ケ池や出雲市東神西町の岩坪川が神事の舞台として有名だ。民話「夕陽(ゆうひ)を招く長者」は、益田市の高津地区に伝わり、昔の人々にとって自然が崇拝の対象だったことを伝えている。

 

 万寿3年(1026年)、豪勢な館に住み、広大な田んぼを持つ長者が高津にいた。長者の楽しみは、雇った大勢の早乙女たちに一日で田植えをさせ、出来上がった田んぼを眺めることだった。

 ある日、早乙女たちが田植えをしているとどこからともなく猿回しがやってきて、早乙女たちの前で猿の芸を始めた。芸があまりにも面白く、早乙女たちは田植えを忘れ、あぜに座って芸に見とれていた。

 途中で1人がわれに返り、「あっ、長者が来てしまう。みんな早く田に入ろう」と呼び掛け、全員が持ち場に戻った。急いで田植えを進めたが、日が西の海へ沈もうとする時になっても田植えは終わらない。

 田んぼを見に来た長者は植え残された大量の苗を見てかんかんに怒った。懐から日の丸の扇を取り出すと、沈むお日様に向かって「おーい、いま一度天の高いところまで昇ってくれ!」と叫び、扇をあおいだ。すると不思議なことに、今まで暗かった田んぼの辺り一面が明るくなった。

 長者は「そーれ今じゃ。みんなかかれ」と先頭に立って元気づけた。一日で終わらないと思われた田植えがやっと終わり、同時にあたりが暗くなり始めた。

 その夜、急に激しい雷が響き、ひどい暴風雨が大津波となって田んぼを襲った。翌朝、真っ青な空に朝日が輝いた頃、長者の家や広大な田んぼはどこにも見えず、津波によって運ばれた砂や石ころで湖ができた。人々は湖を「蟠竜湖」と呼ぶー。

 

 酒井さんは「自分の都合で太陽を招き返してバチが当たった。傲慢(ごうまん)不遜な人を戒める話だ」と解説する。人間が超常現象を起こす点は民話にたびたびあり、醍醐味(だいごみ)と言える。話ができた根本には、実際には実現できない、特殊な力への憧れもありそうだ。

 民話には権力者が痛い目を見る話が多い。なぜ、被害を受けるのは庶民ではなく権力者なのだろう。「民話を作るのは庶民なので、やはり庶民からすると自分たちより偉い権力者に対してさまざまな思いがあったのだろう。民話にして面白おかしく扱うことで、留飲を下げていたのではないか」(酒井さん)。庶民の間では権力者への不満がくすぶっていたようだ。鳥取市の湖山池にも「湖山長者」というほぼ同じストーリーの民話があり、山陰の権力者は庶民にあまり良く思われていなかったのかも。

益田市高津町の蟠竜湖。広さは13ヘクタール、最深部は10メートルに及ぶ。湖底には今も長者の家や田んぼが沈んでいるのだろうか(資料)

 

▼悪キツネから信仰対象に?「戸上の藤内狐」

 最後は鳥取県の「藤内狐(キツネ)」という、悪知恵が働くキツネの話。...