【問1】新型コロナウイルスの流行「第6波」の備えとして最優先に進めるべき対策は何か。問1は10字、問2は150字以内で回答してもらった。

 (島根1区の亀井彰子氏は本人の意向で回答しなかった)

【問2】問1の回答理由は。国の感染症対策の評価や政治に求められる役割は何か。

 

亀井亜紀子氏(立民、前)

検査体制の拡充

 無症状の感染者を隔離するためにPCR検査体制の拡充は必須と考える。国民生活に影響が大きい緊急事態宣言の発出が科学的根拠ではなく、東京五輪の日程などを考慮した政治的な決定であったことは大いに問題だ。そのため、感染者数の拡大も減少も理由を説明できず見通しも立たなかった。国民への説明は政治の役割である。

 

細田博之氏(自民、前)

検査体制の拡充

 無自覚で旅行、飲食をする陽性者を把握することが急務。広範な検査体制の拡充が必須であり、ワクチン接種のみに頼ることでは不十分だ。