増える一方のカタカナ語はすぐに忘れるのに、子どもの頃に接した言葉は、不思議なことに今でも覚えている。「おんぼらと」という言い方もその一つ。先日、雑談の場で年配の人が使うのを久々に聞いて懐かしかった▼国語辞典に載っていない方言らしく、穏やかなや、ゆっくりの意味だと記憶している。出雲地方だけでなく北陸地方や滋賀県では「おんぼらぁと」や「おんぼりと」という言い方をするそうだ。辞書などを手掛けた国語学者の故山田俊雄さんも、自分の母親が使っていたと書いていた▼あまりいい言葉とは言えないが、ばかやばか者を意味する「だらず」や「だら」は、子どもの頃には怒られる際だけでなく、軽い口調でも使っていた。「いけず」も、いたずらや悪さを注意されるときなどに何度となく聞いた。「いけず、すーなよ」といった具合に▼「いけず」は辞書では意地悪や悪者のことで、元々は大阪の方言らしい。使う地域や人によってニュアンスの違いがあり、芸者さんなどが使う場合は、好意的な意味が潜んでいるケースもあるとか▼方言や訛(なま)りは、料理で言えば「だし」のようなものだと思う。パソコンで打ち出す文字に比べ手書きの文字には人間味や温かさが感じられるように、方言には標準語とは違う味わいや温かみがある。子どもを叱るときや政治の言葉に、そんなぬくもりが交じると、聞く側にも伝わる。(己)