相撲部屋に呼び出しの見習いとして入門した少年の成長を軸に、大相撲の世界を描く「櫓(やぐら)太鼓(だいこ)がきこえる」が、このほど出版された。著者の鈴村ふみさん(26)は米子市生まれで境港市在住。本作で第33回小説すばる新人賞を受賞し、初の...