2022年の地域金融業界は、業績面では底堅く推移するだろう。

 新型コロナウイルス対策の経済政策によって企業倒産は抑え込まれ、無利子無担保のコロナ対策融資(ゼロゼロ融資)で金融機関はリスクフリーの貸し出しで金利収入を得ている。

 新変異株「オミクロン株」の感染拡大、原油高などの資源高、米金融政策の引き締め観測など不確定要因は多いが、メインシナリオは堅調だ。

 しかし、禍福はあざなえる縄の如し。

 「この際、ゼロゼロ融資で漁船を買い替えましょう!」

 コロナ禍で鼻息の荒い信用金庫の営業担当者が、ある海鮮料理屋に数千万円の漁船購入を勧めてきた。この料理屋の大将は、毎朝、店で出す分の魚を自ら漁船を繰り出して釣ってきていたのだ。

 ところが...