チャンピオンシップ(CS)準々決勝で、アルバルク東京と熱戦を繰り広げた島根スサノオマジック。今季経験がなかった3連戦という未知の領域にもかかわらず、チームが一つになり、初の準決勝進出を決めた。

 チームをけん引したのは安藤誓哉選手。第1戦立ち上がりからの気迫を前面に出したプレーがなければ、準決勝進出は勝ち取れなかった。第2戦で抑えられたA東京・小酒部泰暉選手のマークを第3戦ではものともせず、第1クオーターに3点シュートを決めた際、会場をあおり、チームと観客を一つにして勢いに乗せた。

 安藤選手の活躍だけではなく、...