中村氏 ふるさと創生引き継ぐ
 故竹下亘衆院議員、高見康裕衆院議員に、秘書として仕えてきた。(2人が提唱する)ふるさと創生の意志を引き継ぐ。

 田中増次前市長、山下修市長とバトンが渡された24年間で市の財政が安定した。国、県、市の連携があったからこそ実現できたことであり、継承しなければならない。秘書経験が生かせるはずだ。

 江津市には子育て、教育、医療など、さまざまな分野に、課題とともに、未来への種がある。43歳の私に育てさせてほしい。次世代へと続く江津市をつくっていきたい。

山本氏 持続可能なまちづくり
 江津に生まれ育ち、市議も16年半務め、人々の暮らしを見つめてきた。

 高齢者は運転免許証を返納すると生活が不便になり、生活バスだと夜間は対応できない。済生会江津総合病院の唯一の常勤整形外科医がいなくなり、医療の充実も必要だ。市長になったら、市役所の中に専門家や民間とともに政策を研究する部署をつくる。地域交通の維持や高齢者対策など、具体的な政策実現に結びつけていく。

 若い人からお年寄りまで江津に住んで良かったと思うような持続可能なまちづくりを進めたい。