タイやインドで日本語学校の運営を手がける「はなまるJAPAN(株)」(江津市松川町)の社長を務める。昨春、江津市江津町に島根県内初の日本語教育専門学校「はなまる日本語学校島根校」を開校。新型コロナウイルスの流行による入国規制を経て、5月現在、40人が入国している。少子高齢化が深刻な地方で学校を運営することで「地域活性化の一つの起爆剤としたい」と意気込む。

 旧江津幼稚園の一部をリノベーションした島根校には、最大100人の留学生を受け入れる予定だ。

 「父の生まれが江津市で、2012年から国際交流の一環で教え子と訪れていたこともあり、...