当選を確実にし、花束を掲げる上定昭仁氏=18日午後8時55分、松江市殿町、サンラポーむらくも
当選を確実にし、花束を掲げる上定昭仁氏=18日午後8時55分、松江市殿町、サンラポーむらくも

 任期満了に伴う松江市長選が18日、投開票され、無所属新人で元日本政策投資銀行松江事務所長の上定昭仁氏(48)が、無所属新人の出川桃子氏(43)、共産党新人の吉儀敬子氏(70)を破り、初当選した。市長交代は旧市時代を含めて20年10カ月ぶりで、戦後2番目に若い市長が誕生する。投票率は過去最低だった2017年の前回選を2・58ポイント上回る60・24%だった。

 (片山大輔)=22面に関連記事

 上定氏は20年末に立候補を表明。自民党県連や公明党本部、国民民主党県連、連合島根、市農政会議など約140団体の推薦を得て組織戦を展開した。陣営の中心的な役割を担った地元の経済関係者に支えられ、高校時代の同級生からの積極的な支援も受けながら知名度不足をカバーした。

 街頭演説などで産学官金連携による経済活性化や、中心商店街の再生、新型コロナウイルスで打撃を受ける観光業の立て直し、子育て支援、福祉施策の充実といった政策を幅広く主張。政府系金融機関に勤務し、省庁への出向や海外での勤務経験があることもアピールし、支持を集めた。

 元市議の出川氏は市役所本庁舎の建て替え事業の見直しを公約に掲げ、支援者の人脈を生かして支持を広げる選挙戦術で臨んだ。しかし、地域や企業、団体内で票を掘り起こす動きは限られ、及ばなかった。

 中国電力島根原発2号機(松江市鹿島町片句)の再稼働反対を訴えた元市議の吉儀氏は政党色を前面に出した戦いとなり、支持者の裾野を広げられなかった。

 当日有権者数は、16万4136人(男7万7594人、女8万6542人)だった。上定氏の任期は24日から4年間。戦後に限ると、1947年に45歳で初当選した小林誠一氏に次ぐ若さで就任する。

 

【松江市長選開票結果】(18日午後11時11分、選管最終)当 61,534 上定 昭仁 48 無新(1)

30,426 出川 桃子 43 無新

 5,974 吉儀 敬子 70 共新

 

 上定(うえさだ) 昭仁(あきひと)氏 元日本政策投資銀行松江事務所長。1995年に入行し、2017年4月~19年6月に松江事務所長を務め、米州法人CEO(最高経営責任者)だった20年末に退職した。東出雲町。九州大法学部卒。当選1回。

 

市民と共に歩む市政を

 まずは新型コロナウイルス禍への対応と大規模火災が発生した島根町加賀の被災地の復旧、復興に最優先に取り組む。若い世代が夢や希望を持ち、夢をかなえられる松江を築く。市民と対話しながら、一緒に歩みを進める市政にしていきたい。

 

お知らせ

 松江市長選・市議選の報道に伴い、きょう19日付本紙は特別輸送態勢を取りました。このため、一部地域で配達時間が遅れる場合があります。ご了承ください。

山陰中央新報社