日本の民俗学に大きな足跡を残した宮本常一(1907~81年)が、調査に専念するために教員を辞め1939年、最初の旅で島根半島を訪れたことは知っていたが、当時を振り返る本人の肉声をインターネットで最近聞き、感慨を覚えた▼美保関から西へ歩き、鹿島の片句で語り部が見つかったことを「片句浦で出会った人たちは本当にいい人たちで、特に山本恒太郎という方に出会ったのはこの上ないありがたいこと」と述懐。土地の重鎮山本からの聞き書きは出版され「1人の人から聞いた話が一冊の書物になるほどの分量があるということは大きな驚きであった」と語る▼亡くなる1年半前に民俗学との出合いをテレビで語った音声。NHKラジオのサイトで10日まで聞ける▼宮本は師と仰ぐ渋沢敬三(1896~1963年)の支援を受けた。今話題の渋沢栄一の孫で、後に日銀総裁や大蔵大臣を務める一方、民俗学者でもあった。山本が片句の大師堂の改築資金に困っていると宮本から聞いた渋沢は、当時は大金の100円を寄付。翌40年に師弟で片句を訪ね山本と親交を深めたという、2人の絆を物語る逸話も残る▼島根半島で手応えを得た宮本は中国山地に入り、邑智郡でも古老の田中梅治らに会った。全国をひたすら歩き、人々の営みを記録し続けた宮本民俗学の原点は、島根の旅だったと言える。語り継ぎたい歴史の一こまである。(輔)