「作家として私は生きている限り書き続けます」。今年3月11日付の本紙に載った東日本大震災10年の特別電話インタビューでの締めくくりの発言だ。その言葉の主、文化勲章を受章した作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんが亡くなった。徳島市出身の99歳。書くという業を生きたような人生だった▼『夏の終り』『美は乱調にあり』など情熱的な愛と女性を描いた小説や『源氏物語』の現代語訳など、幅広い分野で数多くの著作を手掛けた。自らも、東京女子大時代に結婚した後、夫と幼い娘を捨てて愛に走るなど、波瀾(はらん)万丈の生き方を経験。2年前に出した著書『寂聴 九十七歳の遺言』でも「生きることは愛すること」「愛することは許すこと」と説いた▼51歳の時に出家して、本名も晴美から改名。京都・嵯峨野の寂庵に暮らし、岩手県天台寺の住職も兼ねた。東日本大震災の後には被災地を訪ね、避難者のつらい体験に耳を傾けて一緒に涙したり、原発の再稼働に抗議してハンストをしたりするなど社会活動にも参加し、発言もした▼長年続けた法話は、人生の妙味を知り尽くした人の言葉だけに、多くのファンや悩みを抱える人たちを勇気づけた。テレビ番組で紹介された、90歳を超えてなお肉好きだった一面も、どこかほほ笑ましい▼何より印象的だったのは、ちゃめっ気のある、あの温かい笑顔。長い間、本当にお疲れさまでした。合掌。(己)