アルミワイヤを使い制作したアート作品=益田市常盤町、キヌヤショッピングセンター
アルミワイヤを使い制作したアート作品=益田市常盤町、キヌヤショッピングセンター

 【益田】市販のアルミワイヤを使った作品展が、益田市常盤町のキヌヤショッピングセンターで開かれている。盆栽や花などを再現した、本物そっくりの繊細な作品が来場客の目を楽しませている。19日正午まで。

 山陰中央新報文化センター益田教室(益田市あけぼの本町)でワイヤアート教室の講師を務める大谷賢司さん(66)=益田市久城町=が、アルミワイヤを用いたアート作品の楽しさを多くの人に知ってもらおうと、2020年から始めた。

 作品展では、大谷さんが20年から制作した盆栽や四季の花、楽器などを模した作品50点を展示。ワイヤを巻いたりつなげたりしながら、アクリルカラーなどで着色し作り上げた重厚感ある作品が並ぶ。

 来場した主婦の山〓(崎の大が立の下の横棒なし)美佐子さん(73)=同市遠田町=は「枝の表現が繊細できれい」と笑顔で話し、大谷さんは「たくさんの人に興味を持っていただき、活動の輪を広げていきたい」と意気込んだ。 (石倉俊直)