任期満了に伴う江津市長選と市議選が29日、投開票される。市長選には届け出順にいずれも無所属新人で元国会議員秘書の中村中氏(43)=自民、公明推薦=と、元島根県議の山本誉氏(64)が立候補。最終日の28日は両候補とも市内全域を回って最後の訴えに声を振り絞った。(村上栄太郎、宮廻裕樹)

 中村氏は、山下修市長や地元選出の自民党国会議員らを伴い、財政健全化や企業誘致促進といった現市政の継承をアピール。夕方、嘉久志町の選挙事務所前での演説では「豊かで自立した江津市にするには、国や県と密に連携しないといけない」と訴え、最後まで支持を求めて奔走した。

 山本氏は連合島根の推薦を受け、親族や須山隆県議らが同行。専門家を招いた政策研究部署の新設やオーガニックタウン構想などを掲げ、現市政からの変革を強調した。最後は嘉久志町の選挙事務所前でマイクを握り「公約を実現し、誰もが活躍できる新しい江津市をつくっていく」と訴えた。

 市議選(定数16)は18人が立候補。内訳は、現職11人、新人7人。旧市町別は江津17人、桜江1人。党派別は、立憲民主2人、公明1人、共産2人、無所属13人。

 投票は市内28カ所で29日午前7時から午後6時。同7時50分から市地場産業振興センター(嘉久志町)で開票し、市長選は同10時ごろ、市議選は同11時ごろに結果が判明する見通し。

 21日現在の選挙人名簿登録者数は1万9162人(男8933人、女1万229人)。

 Sデジでは、市長選、市議選の開票経過と結果を速報する。
 [ 特 集 ]江津市長選・市議選