※アプリをご利用の方は写真をタップし、左にずらすと計4枚の写真をご覧になれます。

 全国には地元住民に愛されている「ご当地パン」がいくつもある。

 島根で言えば、テレビ番組で紹介されることが多い、有限会社なんぽうパン(出雲市)の『バラパン』が代表格。名前の通り、バラの花びらのような形が特徴で、くるくると巻かれた生地の間に白いクリームを挟んでいる。

 1949(昭和24)年ごろ、当時のパン職人が「バラの花のような美しいパンを作りたい」と思い立ち、試行錯誤の末に開発。現在も一つずつ手作りしているという。愛知の大学院に通うわが家の息子も先日、自宅近くのスーパーの「島根フェア」で陳列されているのを見かけ、懐かしくなって買い求めていた。

 20年近く前に勤務していた隣県・広島で人気なのが、...