現在、山陰両県の給食用牛乳として提供されている、(左から)クボタ牛乳、木次牛乳、農協牛乳、白バラ牛乳。
現在、山陰両県の給食用牛乳として提供されている、(左から)クボタ牛乳、木次牛乳、農協牛乳、白バラ牛乳。

 突然だが、皆さんは学校給食の際に飲んでいた牛乳を覚えているだろうか。山陰両県でも地域によってメーカーは異なり、思い出もそれぞれだろう。記者は、第一、第三土曜の半日授業で帰宅前に飲んでいた牛乳が印象深い。6月は、酪農乳業関係者でつくる一般社団法人Jミルクが定めた「牛乳月間」。この機会に、山陰両県の牛乳事情に思いをはせてみようと思う。(Sデジ編集部・吉野仁士)

 × × × × × × × × × × × × × × × ×
 読者の皆さまの「自分の学校ではこうだった!」という牛乳、給食あるあるをお寄せください。いただいた内容をとりまとめ、Sデジ記事であらためて紹介する予定です。宛先はメールアドレス、s-digi.voice@sanin-chuo.co.jpまで。
 × × × × × × × × × × × × × × × ×

山陰両県の給食で現在出されている牛乳は、島根中酪(出雲市)の「農協牛乳」、木次乳業(雲南市)の「木次牛乳」、クボタ牛乳(浜田市)の「クボタ牛乳」、大山乳業農業協同組合(鳥取県琴浦町)の「白バラ牛乳」の4種類。2019年3月末で廃業した、安来乳業(安来市)の「やすぎ牛乳」も有名だ。

 安来市出身の記者はやすぎ牛乳で育ったため、4種類をいずれも意識しながら飲んだことがない。まずは全てを買いそろえ、この機会に味わってみた。

 新鮮さにこだわる農協牛乳は、原料乳を搾乳してから全て2時間以内に工場へ集めている。紙パックで飲む牛乳独特の風味に、思わず「あ~」と声が出た。まさにザ・給食牛乳、という感想だ。日本初のパスチャライズ(低温殺菌)牛乳とされる木次牛乳は、一般的な牛乳と比べて少し甘みがあるように感じた。味の好き嫌いが顕著な小学生には特に歓迎されそうだ。

 石見地方で根強い人気を誇るクボタ牛乳もパスチャライズ牛乳だが、木次牛乳が65度で30分殺菌なのに対し、こちらは75度で15分。味にも少し違いがあり、甘みが抑えられた分、コクが深くなっているように感じる。給食と合いそうだ。

 鳥取県を統べる白バラ牛乳は、「日本一老けない牛乳」として週刊文春にも取り上げられた。牛乳のうま味を阻害する「体細胞」の数が、全国平均の6割程度(牛乳1ミリリットル当たり)とされており、その味は「濃厚」の一言に尽きる。なお、記者宅の冷蔵庫には、白バラコーヒー牛乳がほぼ常時ストックされている。

 

▼供給業者の選定方法は
 このように供給業者は複数あるが、そもそも各地域で採用する牛乳はどうやって決まっているのか。