『神在月のこども』のポスター
『神在月のこども』のポスター

 出雲を舞台にした新作アニメ映画『神在月のこども』が8日、島根県内を含む全国約190の映画館で公開される。母を亡くし、大好きだった走ることに向き合えなくなってしまった主人公の少女・カンナが、神の使いに導かれて東京から出雲を目指す物語。作中の随所に、美しいアニメ画として描かれた県内の各所が登場する。 (白築昂)

 県内では、T・ジョイ出雲(出雲市大塚町)が全国最多の1日8回、松江東宝5(松江市東朝日町)は5回上映する。

 8日は、東京都板橋区のイオンシネマ板橋でキャストが初日の舞台あいさつを行う。カンナを演じた女優の蒔田彩珠さん、カンナの父・典正役の俳優、井浦新さんら関係者が作品に込めた思いを語る。

 公開を迎え、プロデューサー・ロケーション監督を務めた松江市出身の三島鉄兵さん(42)は「家族や全国にいる多くの仲間が目に浮かぶ。一片の悔いもなく、今日を迎えられた事に感謝します」とコメントした。

 映画では、カンナの母・弥生役を柴咲コウさんが務め、カンナと旅をするウサギのシロは人気声優・坂本真綾さん、大国主はベテラン声優の神谷明さんが声を吹き込んだ。主題歌「神無-KANNA-」はシンガー・ソングライターのmiwaさんが書き下ろした。