松江しんじ湖温泉の温泉水を手軽に購入できる温泉スタンド=松江市千鳥町
松江しんじ湖温泉の温泉水を手軽に購入できる温泉スタンド=松江市千鳥町

 山陰両県は比較的穏やかな冬になっているが、寒さが厳しくなる2月が近づいてきた。山陰各地には温泉が多く、ガソリンスタンドならぬ「温泉スタンド」という施設がある。新型コロナウイルス禍で不自由な生活が続く中、自宅で温泉気分を味わってみようと、温泉スタンドを初めて利用した。(Sデジ編集部・吉野仁士)

 島根県は化粧品大手ポーラ(東京都)主催の「ニッポン美肌県グランプリ」で1位を5回獲得した。2019年から美肌を素材とした観光プロモーション「美肌県しまね」を展開している。温泉や地元の食材を生かし、県や市、町、温泉旅館など観光事業者が協力して取り組む。出雲市斐川町の湯の川温泉は「日本三美人の湯」(他は群馬県の川中温泉、和歌山県の龍神温泉)で、泉質の良さは全国的にも知られる。

 温泉スタンドは温泉水を購入し、容器に入れて持ち帰る施設。旅館だけでなく個人宅でも楽しめるようにと、自治体や温泉旅館が各所に設置した。松江市八雲町の八雲温泉(料金300リットルごとに150円)や同市美保関町の美保関温泉(無料)、出雲市斐川町の湯の川温泉(100リットルごとに100円)といったさまざまな場所で、温泉の湯を入手できる。

 ▼使い方はガソリンスタンドと同様

松江市役所の西にある温泉スタンド。隣の国道431号を走る車から見えるよう、高い看板がある

 松江市中心部では松江市役所(松江市末次町)西側に松江しんじ湖温泉の温泉スタンドがある。管理する松江市観光振興公社によると、松江しんじ湖温泉は1971年に開湯。95年、第2源泉が見つかったのに合わせ、豊富な湯量を生かすため、地元住民向けにスタンドを設置した。

 温泉は低張性弱アルカリ性高温泉。成分はナトリウム、カルシウム、硫酸塩、塩化物温泉。期待される効能は筋肉と関節の痛み、冷え症、胃腸機能、皮膚乾燥症の改善。年間9千~1万人が利用するという。個人の利用が主だが、ビジネスホテルの大浴場で利用されることもある。

 早速、ポリタンク持参でスタンドに向かった。スタンドには高さ5メートルの巨大なタンクがあり、近くにいるスタッフに料金を支払って利用する。料金は1~100リットル100円、101~200リットル200円と、100円単位で購入できる。家庭の一般的な浴槽なら、150リットルほどあれば入浴を楽しめる。温泉水はかなり熱いので、冷水で埋める際はもっと少なくてもよい。

ホースから温泉水を出せば、たちまち温泉の湯気と香りが立ちこめる

 タンクにはホースの付いた蛇口が三つあり、レバーを回すと温泉水が出てくる。セルフ形式のガソリンスタンドとほとんど同じ形式。ポリタンクにホースを差し込んで温泉水が出てくると、湯気とともに温泉のほのかな香りが漂う。

業者が数千リットル単位でスタンドを利用する際は、タンクの横側にある大口のホースを使用する

 市観光振興公社の伊藤竜男事務局長(58)によると、松江しんじ湖温泉の湯は保湿成分がある「うる(潤い)肌の湯」として有名で、女性に特に人気があるそうだ。伊藤事務局長は「今は県外に思うように出掛けられず、宿泊が難しい。ぜひスタンドを活用して温泉気分を味わって気疲れを癒やしてほしい」と、利用を呼び掛けた。

 

 ▼自宅の浴槽に温泉水を入れてみると…?

 市観光振興公社によると、冬場は1日50人ほどが容器を持ってスタンドに集まるという。道路からは見えづらい位置にあるため分からなかったが、地元の温泉ファンには人気スポットのようだ。

 購入した温泉の入り心地はどうか。その日の晩、温泉水を浴槽に満たし、入浴してみた。

 温泉水の源泉は82.6度と高いため、ポリタンクに入れて夜まで置いていても熱い。自宅の風呂で、温泉施設で入浴する時のような多少熱めの水温が再現できた。

買って来た温泉水を記者の自宅の浴槽に入れる。自宅で温泉の香りがするだけで、かなりの非日常感がある

 普段の風呂と違うのは温泉の持ついい香りがあること。ほのかな香りを感じながら目を閉じると、天然の温泉に来たような気分になる。浴室の窓を少し開けて明かりを消すと、露天風呂の気分が味わえた。

 温泉に入って体の芯から温まったためか、風呂から出た後もぽかぽかとした暖かさが続いた。近頃は肌寒く、暖房をつけないと眠れない日が多かったが、この日は布団に入るとすぐに熟睡してしまった。寒い冬の夜でも暖房いらずに過ごせる、温泉のありがたさを実感した。

 保湿成分についても実体験した。冬場の朝、いつもなら顔を洗った後に乾燥する肌が、入浴した翌日は潤っているように感じた。

松江しんじ湖温泉の温泉水。保湿成分がある「うる肌の湯」をぜひ自宅で堪能してもらいたい

 2月に入れば寒さが厳しくなる上、新型コロナウイルスの感染拡大により、27日から島根県全域にまん延防止等重点措置が適用された。自粛生活が続いてストレスにくじけそうな時は、自宅の温泉でほっと一息つくのもいいかもしれない。温泉水の運搬が難しい人は、松江しんじ湖温泉駅の近くに2カ所の足湯がある。まん延防止等重点措置に伴い、利用が中止されたが、適用期間が終了する2月21日以降の再開に期待したい。

 松江しんじ湖温泉の温泉スタンドは正月の三が日以外無休で、営業時間は午後1時~同7時。