※アプリをご利用の方は、写真をタップし、左にずらすと計2枚の写真をご覧になれます。

 転勤経験のある社会人なら、誰にも思い出の詰まった「すみか」があるのではないか。

 島根県立図書館にほど近い、松江市内中原町にある山陰中央新報社の社宅が売却されることになり、先日「さよなら内覧会」に参加した。

 1972年3月の完成で、築50年を迎えた鉄筋コンクリート造の3階建て。昭和の公団住宅をほうふつとさせるように、6畳2間に独立したキッチンとバス、トイレが付いた1室が計6室あった。

 入社した1989年春から1年ほど、...