練習試合でスパイクを決める小村和希さん=安来市飯島町、市立安来第一中学校
練習試合でスパイクを決める小村和希さん=安来市飯島町、市立安来第一中学校
部活動でブロックの練習をする錦織夏実さん=雲南市大東町南村、市立海潮中学校
部活動でブロックの練習をする錦織夏実さん=雲南市大東町南村、市立海潮中学校
試合に向けて選抜メンバーと話し合う小村和希さん(中)=安来市飯島町、市立安来第一中学校
試合に向けて選抜メンバーと話し合う小村和希さん(中)=安来市飯島町、市立安来第一中学校
部活後、部員と談笑する錦織夏実さん(左から3人目)=雲南市大東町南村、市立海潮中学校
部活後、部員と談笑する錦織夏実さん(左から3人目)=雲南市大東町南村、市立海潮中学校
練習試合でスパイクを決める小村和希さん=安来市飯島町、市立安来第一中学校 部活動でブロックの練習をする錦織夏実さん=雲南市大東町南村、市立海潮中学校 試合に向けて選抜メンバーと話し合う小村和希さん(中)=安来市飯島町、市立安来第一中学校 部活後、部員と談笑する錦織夏実さん(左から3人目)=雲南市大東町南村、市立海潮中学校

諦あきらめずチームを鼓舞
 小村 和希さん(大東・3年)


意見を生かす力評価
 錦織 夏実さん(海潮・3年)

 

 25日から大阪市で開催(かいさい)されるJOCジュニアオリンピックカップ第35回全国都道府県対抗(たいこう)中学バレーボール大会で、男女の主将(しゅしょう)を雲南(うんなん)市内の生徒2人が担(にな)います。男子主将は市立大東(だいとう)中学校(雲南市大東町養賀(ようか))3年の小村(おむら)和希(かずき)さん(15)、女子主将は市立海潮(うしお)中学校(雲南市大東町南村(みなみむら))3年の錦織(にしこおり)夏実(なつみ)さん(15)が務(つと)めます。

 小村さんがバレーボールを始めたのは小学校3年のときです。友人から誘(さそ)われたのがきっかけでした。それまで興味(きょうみ)のなかったスポーツでしたが、得点(とくてん)を決めたときの心地よさからのめり込(こ)んでいきました。

 窮地(きゅうち)に追い込まれても決して諦(あきら)めない根性(こんじょう)と、大きな声でチームを奮(ふる)い立たせる力が小村さんの特徴(とくちょう)です。ウイングスパイカーとして攻撃(こうげき)の中心となっているだけでなく、守備(しゅび)でも最後までボールを追う粘(ねば)り強さも併(あわ)せ持ち、失点したときも率先(そっせん)してメンバーに声をかけ、チームを鼓舞(こぶ)します。

 迫(せま)る本番に向け、小村さんは「一人一人をまとめながら、良いチームワークで勝ち上がりたい」と意気込みます。

 小村さんと同じく小学校3年からバレーボールを始めたのは、女子主将の錦織さんです。当時、プレーしていた姉の影響(えいきょう)で競技(きょうぎ)の魅力(みりょく)に引き込まれ、小学校のときも主将を務めていました。

 今回、試合中の判断(はんだん)力やリーダーシップが評価(ひょうか)され、選抜(せんばつ)チームの主将を任(まか)されました。

 安定したレシーブ、キレのあるスパイク、170センチの身長を生かしたブロックなど攻守(こうしゅ)に優(すぐ)れたプレーが、錦織さんの持ち味です。

 他の学校からも集まった選抜選手をまとめる難(むずか)しさを感じる場面もありますが、周囲(しゅうい)の意見をまとめて試合に反映(はんえい)させる力は高く評価されています。

 負けず嫌(ぎら)いな性格(せいかく)という錦織さん。「もっとレベルアップし、一つでも多く勝利していく」と決意を新たにします。
 

プロフィル
【好きな教科】
 数学、理科(小村さん)
 体育(錦織さん)

【好きなこと】
 漫画(まんが)、アニメ鑑賞(かんしょう)(小村さん)
 韓国(かんこく)ドラマ鑑賞 (錦織さん)

【好きな食べ物】
 からあげ (小村さん)
 ハンバーグ(錦織さん)