完成したポスターを手に笑顔の渡辺彩恵さん
完成したポスターを手に笑顔の渡辺彩恵さん
渡辺さんがつくった「体育×防災について」のまとめ資料
渡辺さんがつくった「体育×防災について」のまとめ資料
消防隊員のみなさんへ体力のつけ方を質問する渡辺彩恵さん=松江市矢田町、南消防署
消防隊員のみなさんへ体力のつけ方を質問する渡辺彩恵さん=松江市矢田町、南消防署
完成したポスターを手に笑顔の渡辺彩恵さん 渡辺さんがつくった「体育×防災について」のまとめ資料 消防隊員のみなさんへ体力のつけ方を質問する渡辺彩恵さん=松江市矢田町、南消防署

 渡辺(わたなべ) 彩恵(さえ)さん(島大付属義務教育学校5年)
 防災身近にと資料にまとめる

「災害時 体育が役立つ」

 地震(じしん)や豪雨(ごうう)といった自然災害(さいがい)が起きたときの備(そな)えとして体育の授業(じゅぎょう)が役立つのではないかと考えた、島根大付(ふ)属(ぞく)義(ぎ)務(む)教育学校5年の渡辺彩恵(わたなべさえ)さん(11)。体育の大切さを確(たし)かめるために同級生にアンケートを行い、消防署(しょうぼうしょ)を取材して資(し)料(りょう)にまとめました。

 渡辺さんはお父さんが消防士(し)で、災害時は出動し家にいないため、日(ひ)頃(ごろ)から家族で防災について話しています。小学3年生の夏休みの自由研究では、家から行ける避難所(ひなんじょ)をまとめた防(ぼう)災(さい)マップを作(さく)製(せい)。「災害時の動き方が分かり、防災意(い)識(しき)が高まった」といいます。

 そんな渡辺さんは、勉学に励(はげ)む中で「災害時にも体育が役立つことがあるのかな」と考えました。友達は体育についてどう思っているのか気になり、2020年1月、当時4年生の同級生60人にアンケートを実施(じっし)。「体育の良いところは?」といった質(しつ)問(もん)に対し同級生から「体が丈(じょう)夫(ぶ)になる」「みんなで協力できる」とさまざまな意見が挙がりました。

 アンケートの結果を踏(ふ)まえて同年2月、南消防署(松江(まつえ)市矢(や)田(だ)町)へ取材に。隊員のみなさんに自分や同級生が思っている体育の大切さを伝え、災害時に必要な力は何か質問しました。「体力、気力、団(だん)結(けつ)力が必要」との答えに渡辺さんは「やっぱり体育で身につく力が災害時に役立つんだ」と納(なっ)得(とく)しました。

 また体力づくりの様子も見学。座布団(ざぶとん)の上に人を乗せて引っ張(ぱ)るロープ引きの訓練を体験し、重たくて引っ張ることができなかった渡辺さんは「日頃から筋(きん)トレを欠かさない消防士さんだから救(きゅう)助(じょ)できるんだ」と日々のトレーニングの大切さを実感しました。

 取材の後、アンケートの結果も合わせたまとめ資料を作成しました。資料では「体育で体力をつけたり、リレーで団結することを学ぶと、災害時に自分の身を守ったり助け合ったりすることができる」とまとめています。色や写真、絵をちりばめて見やすさも工夫しました。

 消防署の取材以降、彩恵さんは毎日天気予(よ)報(ほう)のチェックや筋トレをしており「いつ災害が起きてもすぐ動ける」と自信満々。「体育を通じて誰(だれ)もが防災をもっと身近に感じ、自分の身を守って、他の人と協力する気持ちを持ってほしい」と呼(よ)び掛(か)けています。

 

プロフィル
【好きな体育の種目】 大縄跳(おおなわと)び、水泳
【自分の性(せい)格(かく)】マイペース
【趣味(しゅみ)】 漫画(まんが)を描(か)くこと