煙をあげる松江市玉湯町湯町の海軍飛行隊の水上偵察機基地の写真。煙右手に玉湯川、左手に並ぶ円形の施設は、偵察機の係留施設とみられる(国立国会図書館蔵)
煙をあげる松江市玉湯町湯町の海軍飛行隊の水上偵察機基地の写真。煙右手に玉湯川、左手に並ぶ円形の施設は、偵察機の係留施設とみられる(国立国会図書館蔵)

 島根、鳥取の山陰両県も太平洋戦争末期、列車や基地が狙われ、空襲で市民が犠牲となりました。戦後76年、体験者が年々少なくなる中で、山陰でも空襲被害があったことを知らない人も増えています。悲しい記憶を残し伝えていくため、証言者の言葉と戦争の痕跡をたどり、当時を振り返ります。山陰中央新報とYahoo!ニュースの共同の取材・制作です。

 

新聞に「本土決戦」の見出し
 太平洋戦争の末期、戦局が厳しさを増すにつれ、戦争はのどかな山陰にも暗い影を落とすようになった。出雲平野の散居村には、突如として巨大な飛行場が出現。建設には地元の住民や子どもたちも駆り出された。そして新聞にも「本土決戦」の見出しが躍り、戦局の悪化が極まりつつあった1945年7月28日、山陰の空は米軍機が舞い、市民を銃弾が襲った。

写真を拡大 1945年7月28日の島根新聞
 

 当日朝、通勤客や勤労動員の学生らを乗せた山陰本線の列車が鳥取県大山町を走っていた。上空に姿を見せた米軍の飛行機から隠れるように大山口駅付近で停車していたところ、空襲を受けた。

首がゴロンと背中は皮が
 中学生だった近藤裕さん(91)は、勤労動員で米子の工場へ行くため、友人と列車に乗っていた。警戒警報が空襲警報に切り替わり、米軍の艦載機が襲来するのが見えた。100機を超える艦載機のうち、40機が列車を銃撃し始めた。30分にわたり続く攻撃の中、死体が折り重なる出入り口ではなく、窓から逃げ、車体の下へ身を潜めた。近藤さんは「辺りはとにかく死人とけが人。首がゴロンとしたり背中は皮がめくれたり。地獄絵図のようで、怖かった」と語る。米軍機は、機銃掃射やロケット弾の集中砲火を執拗に浴びせ、45人以上が死亡した。
 

大山口列車空襲の慰霊碑=鳥取県大山町

 当時9歳、米子市淀江町の国民学校4年生だった安江英彦さん(86)は、多数の死体を乗せた列車を目撃した。機関車の急ブレーキ音が聞こえ、様子を見に行くと、銃撃を受け、大山口から走ってきた列車が自宅の前に停車していた。客車の一両目に死体が折り重なり、線路にはどす黒い血がぽたぽたと落ちていた。「あまりの惨状に立ちすくみ、これが戦争というものか、と実感した」。移動中に意識を取り戻した負傷者の男性や、「自分の代わりに勤労へ行った娘を死なせてしまった」と、娘の死体に取りすがり泣いている女性がいたことを覚えている。

3カ月で飛行場完成
 同日、出雲市斐川町の海軍大社基地も空襲を受けた。基地は終戦間際の45年3月、かつて川だった真っすぐで平らな土地を利用し、建設された。設営隊の主導の下、周辺住民も動員し突貫工事で建設され、3カ月足らずで完成した。

大社基地の滑走路跡‖出雲市斐川町出西(小型無人機で撮影)

 当時8歳、国民学校3年生だった青木幸正さん(85)は、勤労奉仕で大社基地の建設作業に参加した。春休み、敷地の奥側を割り当てられ、ほかの児童とともに草取りをした。「沖縄を取り戻すため」「本土を守るため」の基地だと聞かされていた。その基地に米軍機が飛んできた。標高120~30メートルほどの山をすれすれに飛んできて基地の西側へ入っていくのが見えた。すると4~5秒後、機銃掃射の音が聞こえてきた。青木さんは「被害の状況は、馬が1頭死んだくらいだ、死人は出ていないと聞かされていたが、後に3人ほど亡くなっていたと知った」。

倉庫に残る飛行機の先端部
 基地の東側に自宅がある水省一さん(96)。45年3月、当時19歳で徴兵されて福岡県にいた水さんは、面会に来た父から「近くに飛行場が作られるらしい」と知らさた。終戦後の9月、自宅に戻ると、家の周囲が飛行機を格納する掩体になっていた。5機の飛行機があり、誘導路もできていた。「誘導路の拡張のために、自宅の横が削られかけていた。あと10日戦争が続いていたら、自宅が半分ほどなくなっていた」。今も家の倉庫には、飛行機の先端にとりつけられていた部品が残っている。

水さん宅の倉庫に残る飛行機の部品

 空襲はさらに続いた。松江市玉湯町では、建設中だった水上偵察機の基地や列車が攻撃され、基地では25人の死者が、列車では十数人の死者と多数の重軽傷者が出た。

煙をあげる松江市玉湯町湯町の海軍飛行隊の水上偵察機基地の写真。煙右手に玉湯川、左手に並ぶ円形の施設は、偵察機の係留施設とみられる(国立国会図書館蔵)

姉のすぐ横に銃弾
 空襲を受けた列車に乗車していた影山峰万さん(89)は、当時中学2年生だった。3歳離れた姉と松江市内に向かうため乗っていた列車が、湯町駅(現玉造温泉駅)近くで停車した。上空に数台の飛行機が見えていた。「まさか列車が撃たれるとは思っていないから、みんな外に出て様子を見ていた。すると1機が引き返し、急降下してきた。バリバリバリ!と、機銃掃射が始まった」。列車の床にうずくまり、じっと耐えた。途中、外へ逃げようと立ち上がりかけた姉のすぐ横に銃弾が落ち、列車の床に穴が開いていた。少しずれていたら体に当たっていたかもしれなかった。
 

今年の7月28日の慰霊祭で、空襲があった現場付近で手を合わせる影山峰万さん=松江市玉湯町布志名=

松江城の下にも戦争の痕跡
 戦争の痕跡は今も残る。大社基地から数キロ離れたJR山陰線の鉄橋には列車に向けて放たれた機銃掃射の弾痕が当時を伝える。山沿いには、飛行機に積む爆弾や魚雷を隠したとみられる穴も残っている。空襲は免れたものの、島根県の県都・松江市の中心部、国宝松江城の石垣の下には、巨大な防空壕跡がある。45年3月~8月に造られたもので、広さは180平方メートル。50人以上が避難できる。安全のため、映像や記録を残したうえで、今後埋められるが、松江市まちづくり文化財課の徳永隆主任(47)は「看板などを設置し、こういったものがあったと伝えていきたい」と話した。
 

 かつて山陰も「戦場」になっていた。他地域と比べて、空襲の規模は限られていたが、それだけに体験者の声は貴重で、記憶は消えやすい。この平和な地域が、二度と戦火を受けることがないよう、証言や記憶を紡ぎ、後世に伝えていくことが、今を生きる世代の使命だ。
 

証言1:玉湯列車空襲に遭った影山峰万さん(動画付き)
証言2:山陰の戦争遺跡の調査を進める戦後史会議・松江の若槻真治さんと松江城の防空壕(動画付き)
証言3:大社基地建設の勤労奉仕に参加した青木幸正さん
証言4:大社基地近くに住む水省一さん
証言5:大山口列車空襲で襲われた列車を目撃した安江英彦さん(動画付き)
証言6:大山口列車空襲に遭った近藤裕さん(動画付き)