1月4日午前5時ごろ、山陰(さんいん)でのしぶんぎ座流星群の見え方。ただし、一度にたくさんの流星は見られません=アストロアーツ/ステラナビゲータの星図(せいず)を元に作成
1月4日午前5時ごろ、山陰(さんいん)でのしぶんぎ座流星群の見え方。ただし、一度にたくさんの流星は見られません=アストロアーツ/ステラナビゲータの星図(せいず)を元に作成

1月4日早朝に活発化

 太陽の周りを回っている地球は、時々ちりがたくさんただよっているところを通過(つうか)します。そのとき多くのちりが地球の空気に飛び込(こ)んで光り、流れ星として見られるようになります。これが流星群(りゅうせいぐん)です。

 数ある流星群のうち、1月のしぶんぎ座(ざ)流星群、8月のペルセウス座流星群、12月のふたご座流星群は三大流星群と呼(よ)ばれています。2022年はこの中でも、よい条件(じょうけん)が重なるしぶんぎ座流星群が最も見やすそうです。

 流星群には星座の名前が付いています。これは、その星座のあたりを中心にして、流星が四方八方に飛び出すように見えることを意味します。しぶんぎ座流星群は、昔整理されて今はなくなってしまった「しぶんぎ座」から名前が取られています。

 この流星群は三大流星群のほかの流星群に比(くら)べると見える期間が短く、活発に流星が現(あらわ)れるのはほんの数時間です。年によってはその時間が昼間になってしまうこともあるのですが、来年の場合は1月4日の午前6時ごろにもっとも活発になると予想されています。

 まだ夜明け前ですし、そのときかつてしぶんぎ座のあったところは高く昇(のぼ)っています。さらに月の明かりもないので、1時間に何十個(こ)も見えるような最高の条件となります。ぜひ早起きをして、どの方向でもよいので、何十分間か空を見上げてください。6時を過(す)ぎると空が明るくなってきますから、4時台か5時台がおすすめです。くれぐれも暖(あたた)かい格好(かっこう)で、大人と一緒(いっしょ)に見てください。

◆島根県立三瓶(さんべ)自然館サヒメル天文事業室長・竹内幹蔵(みきまさ)