産総研生物プロセス研究部門研究グループ長 玉木 秀幸
産総研生物プロセス研究部門研究グループ長 玉木 秀幸
産総研生物プロセス研究部門研究グループ長 玉木 秀幸

微生物の働き研究し 生命誕生の謎解明へ

 未知の生き物はどこにいるんだろう。宇(う)宙(ちゅう)? それとも深い海の底? いいえ、そんなところまでいかなくても大(だい)丈(じょう)夫(ぶ)。未知の生き物は「そこ」にいます。ほら、皆(みな)さんのすぐそばに。家の庭の土を小さじですくってみてください。その土の中は、実は、未知の生き物だらけです。それは「微(び)生(せい)物(ぶつ)」という人の目では直(ちょく)接(せつ)見ることのできないような小さなミクロの世界の生き物です。

 土の中を顕(けん)微(び)鏡(きょう)でみてみると、実にたくさんの微生物がいることがわかります。たった1グラムの土に、数千個から数百億個以上もの微生物がいます。地球全体では星の数よりも桁(けた)違(ちが)いに多くの微生物がいることがわかっています。一方で、形だけをみても、それがもう知られている生き物なのか、未知なのか、見分けることは難(むずか)しいのです。

 そこでDNA(遺(い)伝(でん)子(し))を調べてみると、地球には少なくとも300万種以上の微生物がいて、そのうち99%がなんと未知の生き物だったのです。土にいる微生物も、99%が未知の生き物であることがわかっています。

 微生物がどんな働きをして、どんな能(のう)力(りょく)をもっているのかを調べるには、細(さい)胞(ぼう)を増(ふ)やす「培(ばい)養(よう)」という操(そう)作(さ)が必要です。しかし、今の技(ぎ)術(じゅつ)では培養できる微生物はわずか1%なので、私(わたし)たちは日々新しい方法を考えながら、なんとか培養して、その知られざる能力を明らかにし、利用したいと思っています。

 これまで人類が培養に成功したわずか1%の微生物から、私たちは大きな恩(おん)恵(けい)を受けています。病院で使われている薬も半分近くは微生物が作り出したもの。みそ、しょうゆ、ヨーグルトも微生物の働きでできています。

 微生物は私たち全ての生き物の祖(そ)先(せん)です。40億年以上も前に生まれ、その命が脈(みゃく)々(みゃく)と紡(つむ)がれて、多様な生命を育んでいます。未知の微生物を研究するということは、生命がどのように誕(たん)生(じょう)したのかを調べることでもあるのです。宇宙に生命がいるか? という研究も、実は、宇宙に未知の微生物がいるのかを調べているのです。そんな未知微生物のハンターにあなたもなってみませんか?

 

産総研生物プロセス研究部門研究グループ長 玉木 秀幸
■略(りゃく)歴(れき)
 1976年生まれ。宍(しん)道(じ)小、宍道中、松(まつ)江(え)南(みなみ)高卒。98年筑(つく)波(ば)大学生物資(し)源(げん)学類卒。00年筑波大学大学院修(しゅう)士(し)課(か)程(てい)修(しゅう)了(りょう)。00年島根県(けん)庁(ちょう)入庁。01年筑波大学大学院博(はく)士(し)課程修了(農学)。04年より産業技(ぎ)術(じゅつ)総(そう)合(ごう)研究所生物プロセス研究部門勤(きん)務(む)。筑波大学教(きょう)授(じゅ)、長(なが)岡(おか)技術科学大学教授、東京大学准(じゅん)教授を兼(けん)任(にん)