明け方に見えたペルセウス座流星群の流星=2018年8月13日、大田市の三瓶自然館サヒメルで撮影(さつえい)
明け方に見えたペルセウス座流星群の流星=2018年8月13日、大田市の三瓶自然館サヒメルで撮影(さつえい)

夜の後半に数が多い

 流れ星(ぼし)とも呼(よ)ばれる流(りゅう)星(せい)のもとは、宇(う)宙(ちゅう)に散らばる小さなちりです。そのちりがたいへんな速さで地球の空気に飛び込(こ)むことにより光ります。流星は毎(まい)晩(ばん)夜空に現(あらわ)れていて、その数は、夕方から真夜中までの夜の前半よりも、真夜中から明け方までの夜の後半のほうがたいてい多くなっています。

 なぜそうなるかを考えてみましょう。地球は太陽の周りを回っていますが、常(つね)に地球上の朝の地(ち)域(いき)を前に、夕方の地域を後ろにして進んでいます。雨の中を進む車を想(そう)像(ぞう)してください。前のガラスには雨(あま)粒(つぶ)が多く当たりますが、後ろのガラスにはそれほど多く当たりませんね。同じように、地球の進行方向にはちりが飛び込んで来やすいので、夜でも朝に近いころに多くの流星が見られるのです。

 ところで、地球が特にちりの多いところを通(つう)過(か)する時期は、流星群(ぐん)といって流星がたくさん現れます。8月12日から13日にかけての夜を中心に、ペルセウス座(ざ)流星群が見られます。一概(いちがい)にはいえませんが、流星群の時もやはり夜の後半に流星が多く現れる傾向(けいこう)があります。

 しかし、今年の場合は真夜中近くから月が昇(のぼ)ってきます。月の光があると暗い流星が見えなくなりますので、月が昇る前と後でどちらが多く見られるのか難(むずか)しいところです。

 専門家(せんもんか)の予想では、それでも夜中過(す)ぎの方が多く見られるとのことですが、できれば8月12日かその前後の夜に、実(じっ)際(さい)に確(たし)かめてみましょう。

 長い時間観察できるのでしたら、時間を区切って見えた流星を数えてください。もしかしたら1時間に30個(こ)ぐらい見られる時間帯があるかもしれませんよ。

◆島根県立三瓶(さんべ)自然館サヒメル天文事業室長・竹内幹蔵(みきまさ)