ペルセウス座流星群の流星(矢印)=2018年8月13日、大田市の三瓶自然館サヒメルで撮影(さつえい)
ペルセウス座流星群の流星(矢印)=2018年8月13日、大田市の三瓶自然館サヒメルで撮影(さつえい)

8月13日の夜明け前が活発

 毎年、同じ時期に流星(りゅうせい)、つまり流れ星がたくさん現(あらわ)れることを流星群(ぐん)といいます。8月中旬(ちゅうじゅん)のペルセウス座(ざ)流星群は、1年のうちでも最も活発な流星群の一つで、今年は特によく見えそうです。

 流星群の期間中で流星の数が最も多いときを極大(きょくだい)といい、その日時はおおむね事前に分かっています。今年のペルセウス座流星群の場合は8月13日の午前4時ごろです。

 極大の時刻(じこく)は年によって違(ちが)い、日本が昼間のときにやってくることもあるのですが、今年は夜明け前に極大になりますから、より多くの流星が期待できるのです。また、この夜の月は早くに沈(しず)みますので、空は暗く、流星が見やすくなります。

 いつもよく見えるペルセウス座流星群でも、ここまで条件(じょうけん)がよいのはおよそ8年に一度のことです。街明かりの届(とど)かない場所なら、極大のころの1時間に約50個の流星が見られると予想されます。

 13日に日付が変わったころから極大の午前4時ごろまでが、最大の見ごろとなります。できればじっくりと、流星を数えてみましょう。例えば10分ごとに見えた数を記録していけば、変化が分かり、科学的なデータになります。なお、極大の前後2日ぐらいは、ある程度(ていど)の流星が見られます。

 夜中に北東に昇(のぼ)るペルセウス座を中心にして、流星が広がるように飛びますが、どちらの空にも現れますので、方向にこだわらず空を見上げるだけでかまいません。なるべく暗い場所で、必ず大人と一緒(いっしょ)に見てください。

◆島根県立三瓶(さんべ)自然館サヒメル天文事業室長・竹内幹蔵(みきまさ)