「人によるな」。5月下旬に新型コロナウイルスに感染したお笑いコンビ「かまいたち」の山内健司さん=松江市出身=が、動画サイト・ユーチューブの公式チャンネルでうなった。相方の浜家隆一さんは入院して3日間、高熱に苦しめられた。今も味覚と嗅覚に障害が残っているという▼山内さんも症状の出た日に熱が39・5度まで上がった。自宅で解熱剤を飲み、翌朝には平熱に戻ったという。ほぼ同時期に罹患(りかん)し、病態に大きな差が出たことに2人は首をひねった▼春先には東京都内に住む筆者の知人が感染した。40代後半の彼は日々ウエートトレーニングと空手に励み、休日にはサーフィンをする。知り合いの中でも最も屈強な肉体の持ち主だ。ホテル療養の後に症状が悪化し、病院に入った時にはCTに写った肺が炎症で真っ白になっていた▼熱は42度まで上がり、たった数メートルが歩けなくなった。「見苦しい死にざまをさらしたくないので、意識がある間に頭髪と髭(ひげ)をそった」と覚悟を決めたというが、懸命な治療と精神力で回復した▼新型コロナは当初、高齢者や基礎疾患の人が重症化しやすいと各国の研究者が報告した。ワクチン接種は研究を根拠に優先順位が決まった。だが、相次ぐ変異株の出現で重症化の〝定説〟が崩れている。島根県で初めて患者1人が亡くなった。感染者は減少しているが、重症化は人ごとでないと肝に銘じたい。(釜)